お墓参り代行や清掃やメンテナンス、白木洗いのことなら全国どこでも対応します。

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0120-141-434

受付9:00~18:00(土・日・祝休み)

白木洗いのことなら【白木メンテナンス本舗】
汚れ落としはお任せください。

<

当社の3つの特徴

豊富な経験と高い技術力

白木の汚れ方によっては、お客様とご相談してサンドペーパーなどで表面を薄く研磨しキレイにします。

当社には30年以上の豊富な経験と高い技術力を持つスタッフが活躍しています。木材の種類、汚れ具合、気温などによって汚れ落としの方法を変え、常に最適な方法で行っております。また、白木をただ脱色したような白くするのではなく、白木の風合いを残し、あらゆるニーズにお応えいたします。

全国どこでも行います

責任を持って立ち合い、施工業者に伝え、指示や確認を行います。

各エリアごとに提携しているプロの職人がいます。また、清掃方法は定期的な研修を実施することで地域による品質の差はありません。全国から実施した情報を収集し共有することで、質の高い白木洗いを行うことができます。

お見積もりは基本無料

屋内や屋外、玄関周りだけ等、一部分だけの白木洗いの依頼でも問題ありません。

基本は現地見積もりです。しかし、遠方の場合や施工を急がれている方は写真で大まかなお見積もりをいたします。お客さまごとにきちんとお時間をとり、丁寧なご説明を心がけております。お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。安心してご相談ください。

〜当社のこだわり〜
白木の風合いを残すため、手洗いをしています。

白木の風合いを残すため、
手洗いをしています。

手洗いだから、汚れているところを重点的に落とすことができます。

白木洗いはただキレイにすればいいというわけではありません。

薬品を使いすぎると脱色してしまい、せっかくの白木特有の風合いがなくなってしまいます。

逆に、薬品を少なくすると汚れをキレイに落とすことができません。

当社では木を痛めないパッドを使い、擦り洗いをすることで汚れを落とし、風合いを残すように心がけています。

白木洗いの事例。

白木洗いの効果として

  • 色、ツヤ、香りなどの復活できる
  • 暗い印象から明るい印象になる
  • 建物を保護して長持ちにできる  など
作業前
作業後
作業前
作業後
作業前
作業後

作業前              作業後

白木洗いの手順

汚れや雨染みなど黒くなってしまった無垢の木材を専用の薬剤と手作業で落としていきます。

専用の薬品を使って落とします。

丁寧に手作業で汚れを落とします。

お手入れはプロにお任せ!

白木が使われる場所は玄関や門、窓枠などいろいろあり、汚れ方も異なります。同じ玄関周りの白木でも雨の当たりやすい下の部分と当たりにくい上の部分では汚れの頑固さが違います。汚れ具合を見極めて適切な薬剤や方法を使い、白木の美しさが均一になるように行います。

木部一つ一つ手作業でキレイにしていきます。薬品を塗布した後、必要に応じてパッドを使い汚れを残さないように落としていきます。

白木洗いの流れ

下準備と簡単な汚れを落とす。

周りに汚れが飛散しないようにガードし高所の作業がある場合は足場を組んで作業します。高圧洗浄機で白木の表面に付着した汚れやホコリを落とします。

薬品を一箇所ずつ塗布する。

木材を痛めにくい専用洗剤を塗布します。弱アルカリ性のアクロンABを使用しています。シミにならないように1カ所ずつ塗布します。塗布したところから汚れと薬品が反応し出します。

手洗いで汚れをしっかり落とす。

木材を傷つけない柔らかいパッドを使い汚れを落としていきます。この洗浄作業をしっかり行わないと汚れが残ってしまうので、薬品を塗布するだけでなく手作業で隅々まで行います。

高圧洗浄機で洗い流す。

浮かせた汚れは乾くとしみになってしまうので汚れを水で流します。この時、汚れが落ちきっていない場所は再度、薬品を塗布して落としていきます。

しっかりと拭き取る

残った水分はシミの原因となるため、しっかりと拭き取ります。

コーティング

柱や破風など紫外線や雨などで汚れやすい場所には白木の風合いを壊さない専用のコーティング剤を塗布します。