全国のお墓の相談から見えてきたお墓掃除の気を付けるべき要素、自分で掃除するメリット・デメリットを含め、作業スタッフが実際にお墓を清掃する際に使用しているツールをご紹介します。

業務用清掃用品メーカーだから開発できた製品

汚れとりとり棒

お墓の表面に付いた汚れを先端の刃でこすることで簡単に落とすことができます。刃は特殊なガラス繊維でできているため、お墓を傷つけません。。

詳しく見る

汚れとりとり棒(刃交換タイプ)

詳しく見る

お墓丸ごとウェットタオル

袋を開けてすぐに使えるウェットタオルだから、水を大量に持っていく必要はありません。

詳しく見る

汚れとりとりクリーナー

石材に付着したシミ、汚れ、油などに対して強力な浸透力、乳化力、優れた分酸性で石材を傷めずに洗浄します。

詳しく見る

お墓掃除の
気を付けるべき
3つの要素

墓石の特長をよく知らない

失敗する人がやりがちなのが、よくわからないからと自己流でやったり、間違った情報を鵜呑みにしてしまうことです。技術的な知識は不要ですが、 自分の墓石の材質や表面の加工方法なのは理解しておきましょう。そうすれば正しい方法でお墓をキレイにすることができます。

「墓石の特長」はこちら

間違った掃除道具を使っている

お墓がコケなどでひどく汚れているからと強力な薬品や道具を使用して1回で落とそうとするのではなく、お墓を傷つけない自分のできる範囲でキレイにすることで失敗のリスクは小さくなります。

お墓だけを掃除する

お墓掃除は墓石だけキレイにしたらいい。そんな風に思っていませんか。実は墓石の周辺、玉砂利や植木、落ち葉などの手入れも重要です。 全体をキレイにしていないため、キレイにみえない失敗する最大の原因なのです。

自分で掃除する
メリット・デメリット

メリットは
「安さ」と「融通さ」

自分で掃除するメリットとして、「費用の安さ」と「作業の融通さ」の2つがあります。

自分で行う場合、かかる費用は数千円で済みます。かかる費用と言えば、掃除道具とガソリン代、お花代などぐらいのものだからです。

また、自分で行う場合は、重点的に掃除をしたい場所など、その場の自分の判断で行えます。

デメリットは
「品質」と「重労働」

自分で掃除するデメリットとして「掃除の質」と「重労働の作業」の2つがあります。

自分で行う場合、専門家と比べると、どうしても掃除の質は下がってしまいます。また正しい掃除方法を行ってないためにシミなどの汚れがひどくなるケースもあります。

また、自分で行う場合は、蓄積された汚れを落とすために力任せに擦り部分的にキレイになったり、体力的な問題が発生したりして思うように作業ができないことがあります。